木戸眼科

お問い合わせ TEL:0957-74-3222

クリニックのご紹介

検査機器紹介

OCT RS-3000Advance(眼底三次元画像解析)
OCT RS-3000Advance(眼底三次元画像解析)黄斑部疾患(加齢黄斑変性など)、緑内障の診断に有効。 OCT-Angiographyも追加導入済み。
YAGレーザー&光凝固装置(エレックス)
OCT白内障術後のにごりをレーダーで除去する機械(YAGレーザー)。インテグライエローレーザー光凝固装置を導入。2017年2月導入。
ハンフリー(HFAⅢ)
OCT緑内障の視野検査で進行度を評価。2017年10月導入。
ABモード(UD-6000)
 
OCT超音波検査(断層撮影法)で網膜剥離や硝子体出血の程度を調べる。
ハーグストレイト オリジナルスリットランプ(900BQ LED)
OCT診察用の顕微鏡。
眼底カメラ(Canon CX-1)
 
OCT目の奥の網膜の状態を撮影する装置。
スペキュラ(EM-4000)
OCT角膜内皮細胞を測定し、手術の適応を確認。
トノレフ(TONOREFⅢ)
OCT屈折の状態、眼圧を測定。最新の機械。
OPD-ScanⅢ(NIDEK)
OCT角膜形状と乱視を測定する。球面収差。
光学式眼軸長測定装置(OA-2000)
OCT眼球の長さを測定して眼内レンズの度数を測定。
ワック(D-5000)
OCTお子様の調節訓練も行っています。
オクルパッド(JFC)
OCTタブレット型の弱視訓練機。片眼遮閉を行わない両眼開放下での弱視訓練を行います。
ホワイトスターシグネチャーPro(Abbott)
OCT最新の白内障手術装置。2017年3月導入。
ホワイトスターシグネチャー(Abbott)
OCT白内障手術装置。
炭酸ガスレーザー(NIDEK)
OCT眼瞼下垂、眼瞼内反症の治療。レーザーの利点は出血が少ない事。
LumeraT(ZEISS)
OCT手術顕微鏡。2018年8月導入。